きのこと山芋の白だしバター炒め

10月20日更新
きのこと山芋の白だしバター炒め

材料(2人分)

  • エリンギ
  • 1/2パック
  • 舞茸
  • 1/2パック
  • 山芋
  • 150g
  • バター
  • 10g
  • A:白だし(16倍濃縮)
  • 大さじ1/2
  • A:こしょう
  • 少々
  • ねぎ
  • 1/2本

作り方

  • 手順1

    きのこと山芋の白だしバター炒め:手順0

    エリンギは食べやすい大きさにスライスします。舞茸は食べやすい大きさに裂きます。山芋は皮をむき5mm~1cmの半月切りにします。

  • 手順2

    きのこと山芋の白だしバター炒め:手順1

    フライパンにバターを入れて中火で熱し、山芋を片面色よく焼きます。裏返してフライパンの端に寄せ、きのこを入れます。

  • 手順3

    きのこと山芋の白だしバター炒め:手順2

    きのこに火が通ったらAを回し入れて炒め合わせます。
    器に盛り、小口切りにしたねぎを散らします。

あじとこころ公式通販サイト

コツ・ポイント

山芋の粘り成分はムチン。粘膜を潤し、たんぱく質を体内に無駄なく活用し、滋養強壮や疲労回復に役立ちます。またビタミンB1・C・カリウムが多く、食物繊維も豊富なので、便秘を解消し、コレステロールの吸着を防ぎます。


生い立ち

白だしだから旬の素材の味がいきている。おかずに、おつまみにも嬉しい一品です。

カテゴリから探す

食材から探す

close
close